熱中症を予防しよう

熱中症とは

  • 熱中症とは、炎天下や暑熱環境で発生する障害の総称で「熱射病(日射病)」「熱虚脱(熱疲はい)」「熱けいれん」に分けられます。正しい熱中症の知識を得て、快適に夏を過ごしましょう。
  • ※"しろくまのきもち"を使用すれば、必ず熱中症が予防できるわけではありません。 十分な水分補給よ服装の工夫、体調管理などが必要です。お子様・高齢者は特に注意 してください。

熱中症を防ぐポイント

熱中症は、予防法を知っていれば防ぐことができます。
熱中症を防ぐためには、日常生活における注意が何よりも必要です。

point

  1. 1.暑さを避けましょう。
    日陰を選んだり、日傘・帽子の使用、エアコン・扇風機を使って暑さを避けてください。
  2. 2.服装を工夫しましょう。
    太陽光の下では黒色系の素材を避けたり、汗や熱気が首周りにこもらないよう注意してください。
  3. 3.こまめに水分を補給しましょう。
    暑い日は知らず知らず汗をかいていますので、こまめな水分と塩分の補給をしてください。
  4. 4.急に暑くなる日に注意しましょう。
    急に暑くなった日に屋外で過ごす場合や、ひさしぶりに暑い環境に過ごす時は特に注意してください。
  1. 5.暑さに備えた体作りをしましょう。
    暑さに負けない体作りのために、日頃からウォーキングなどで汗をかく習慣を身につけましょう。
  2. 6.個人の条件を考慮しましょう。
    その日の体調が悪い場合や小児・高齢者は、特に注意が必要です。暑い場所での活動を控えましょう。
  3. 7.集団活動の場ではお互い配慮しましょう。
    スケジュールを工夫したり、お互い水分補給などを注意・配慮を心がけましょう。
  4. ※熱中症の症状が現れたら、すぐに医師などへ連絡し、指示を受けましょう。

ページトップへ戻る

お役たちリンク

ページトップへ戻る

掲載中の文章・写真及び動画の無断転載、無断使用はお断りします。