気温や湿度が高くなると、体内に熱がこもりやすく
熱中症のリスクが高まります。

寒いときはブルブル震えて身体を温めたり、暑いときは汗をかいて体温を下げたりして、人は自分自身の体温を調整をしています。この体温の調節機能が働かないと深部体温が正常に保てず、臓器にダメージを与えたり、最悪の場合死に至ってしまうこともあるんです。
熱中症もこの症状のひとつ。こまめな水分補給などの基本的対策に加え、体温調節を司る脳の温度を正常に保つことが重要です。上手な暑さ対策で熱中症を防ぎましょう!

特に高齢者や、子供は体温調節が十分でないので
注意が必要です。

高齢者になると身体の衰えと同様に脳にも衰えが。脳が衰えると暑いという自覚が薄れ、体温調整が後れがちになります。すると身体に熱がこもり、熱中症を発症してしまうことも。
また、エアコン嫌いや過剰な節電意識から暑い環境下で過ごしてしまうことも危険のひとつです。

子供は体温調節機能が未発達な上、体表面積が成人より大きく、熱を吸収しやすいと言えます。夏の晴天時、屋外では地面に近いほど気温が高く、幼児の身長では大人より3℃高い状態になってしまいます。このような暑い状態でも、子供は元気に遊ぼうとするので周りの大人は気をつけてあげないといけませんね。

もちろん高齢者や子供に限らず「暑さに慣れていない」「疲れがたまっている」「睡眠不足」の人などコンディションの悪いときは大人も注意が必要です。

熱中症を効果的に防ぐには、
首の血管を冷やすことが医学的に効果的です。

熱中症は命にかかわる病気ですが、日常生活の工夫や心がけが予防につながります。

1.暑さを避ける
空調の設定温度は実態と異なる場合があります。エアコンと扇風機の併用で、室温を効率よく均一に保ちましょう。節電にもつながりますよ!温度設定が低いと外気温との差で、出入りの際身体への負担となります。発汗による体温調整ができる服装をこころがけ、帽子や日傘で直射日光を防ぎましょう
2.こまめな水分補給と塩分の補給
体温調整機能として、汗をかくことは非常に重要なので、しっかり水分を摂ることが必要です。
また日本の夏のような高温多湿状態では、汗が蒸発しにくくなるので汗の量が多くなってきます。こまめな水分補給と塩分の補給もこころがけましょう。
3.脳に近い首の血管を冷やす
熱中症対策には体温調節を司る脳の温度を正常に保つことが非常に重要です。効果的なのは脳に近い首の血管をやさしく冷やすこと。「しろくまのきもち」は水の気化熱でやさしく冷却。小さなお子様からお年寄りまでお手軽に熱中症対策できる冷感グッズです。

熱中症対策をして楽しい夏をお過ごしください♪